【エンタがビタミン♪】SMAP・中居VS嵐・大野の“下克上”復活。MステアイドルSPにファンが感激。

3月1日に生放送された『ミュージックステーション』で久しぶりにSMAPと嵐が共演した。両グループは本番前の“ミニステ”からハイテンションな様子だったが、本番中のトークでは因縁の下克上コントを復活させて盛り上げた。これにはファンも喜んでおり、ネット上でも感激のコメントが飛び交っている。



“スーパーアイドルSP”として放送された1日の『ミュージックステーション』では、ジャニーズグループのツートップともいえるSMAPと嵐が共演した。さらに女性グループではPerfumeとAKB48が出演して、4グループが2曲ずつ披露するという豪華な企画となった。



SMAPと嵐が紅白歌合戦やFNS歌謡祭などの大型イベント以外で共演することは珍しい。久々の共演でどんなやりとりがあるのか注目されていたのだが、『Mステ』の前に3分ほど流れる“ミニステ”ではすでにSMAPと嵐のメンバーがカメラにアピールするためにちょっかいを出して盛り上がっていた。



そしていよいよ本番となり、AKB48のステージ前に「AKBは振付けを覚えるのに半日ほどかかる」という話題になった時だ。MCのタモリが「SMAPは振付けを覚えるのが早い。現場を見てきたけど、1回見たらだいたい覚えるんだよ」と話を振ると、木村拓哉が「でもリハーサル時間が短いので、その分振りがそろわない」と裏話を明かしたのだ。



すると中居正広が、「でも大野は僕の振付けを見てずっと学んできたって聞いたけど、そうだよな大野?」と嵐の大野智に確認すると、彼は「いや、それはちょっと違いますね…」と答えた。その瞬間に中居は大野につかみかかろうとしたが、周囲に止められたのだ。AKB48の歌に入ったために、その場はいったん収まった。



次に嵐が歌う前のトークで、大野がライブでメンバーの振付けをすることがあるという話になった。タモリが「振付けは一応、中居くんのを参考にしながらやるの?」と大野に尋ねると、「いや、中居くんは全く参考にしてない…」と答えた途端、後ろから中居が襲いかかった。今度は嵐の二宮和也や松本潤が「(参考に)してます、してます」、「要所、要所でしてます」と中居をなだめる。さらに、木村や草なぎなどSMAPメンバーがなぜかタモリを警備すると、その傍らで香取と大野が肩を組んで仲良くなっていたのである。



そんなドタバタした一連のやりとりを見た視聴者からは、ネット上で感激する書き込みが相次いだ。「SMAPと嵐の共演、楽しかった。嵐ファンとして、貴重で幸せな時間でした」という書き込みもあったが、それというのも「Mステで懐かしい『うたばん』の下剋上が再来しました! 中居くん、ありがとう!」というコメントにあるように、すでに終了した音楽バラエティ番組『うたばん』でのお決まりのコントの復活だったからだ。



『うたばん』の頃は嵐が今ほどはブレイクしておらず、その下克上コントもさらに過激だったものだ。だが嵐がジャニーズのトップスターに仲間入りした今、まさかそれが復活するとは誰も予想しなかったのではないか。今回の『Mステ』ではその下克上コントの復活と共に、SMAPと嵐の微笑ましい交流も見られたのである。ファンにとってはなにより嬉しいひとコマだったのだ。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)



http://news.livedoor.com/article/detail/7461310/

※この記事の著作権は配信元に帰属します。







リプラスの「温泉ミスト」

「浅丘ルリ子」は灰になるまで現役

<今度は38歳差の熟愛報道>

 元相撲部屋の女将とお笑い芸人のそれもかすむ、熟女の色事である。御年72歳の浅丘ルリ子が、38歳年下の“ツバメ”と舞台観賞デートを楽しむ様子が女性週刊誌でキャッチされた。

 相手の兄チャンは、金児憲史(34)。2000年に“21世紀の石原裕次郎”を輩出するべく、石原プロが実施したオーディションで選ばれたひとりだ。聞き慣れない名前だが、188センチの長身とチョイ悪風の容姿を生かし、俳優として活動中。最近はNHK朝ドラ「純と愛」に出演するなど活躍の場を広げている。

 1955年に日活から映画デビューし、瞬く間に看板女優の座にのぼりつめた浅丘。恋多き女として、数々の浮名を流してきた。古くは同じく人気スターだった小林旭(74)。数々の映画で共演した2人は“ゴールデンコンビ”と呼ばれ、熱愛報道も飛び交った。

 小林はのちに日刊ゲンダイ本紙のインタビュー連載で関係を否定しているが、浅丘は事実婚の関係だったとテレビで公表。また石原裕次郎(享年52)とも縁があり、一時は石原プロにも所属するなど“深い仲”と噂されたことも。

 好みも幅広い。結婚相手に選んだのは石坂浩二(71)。小林や裕次郎とは正反対のタイプだったこともあり、世間を驚かせた。00年、29年間の結婚生活に終止符を打つが、その3年半後には20歳年下の大衆演劇で活躍する松井誠(52)との熱愛が発覚。昨年まで事実婚の関係が続いていた。

 テレビ番組や雑誌の対談で「恋人は絶対いた方がいい」とアグレッシブな発言を繰り返し、20代の頃と同じ35キロの体重を維持しているのは立派だが、さすがにトシだ。いったい何が男をとりこにするのか。芸能評論家の金沢誠氏がこう言う。

「フェロモンを放つタイプではないが、ツイッギーのように細身できゃしゃで小悪魔的な女性にひかれる男は一定層います。しかも、その世代の女性は昔と比にならないくらい元気で若い。浅丘以外にも三田佳子、加賀まりこといった70歳前後の女優は、現役感たっぷりです。とりわけ浅丘は“男前”の性格で面倒見の良さは有名。モテるのもうなずけますね」

 昨年11月に他界した森光子(享年92)はジャニーズから若さを吸収していた。浅丘もまだまだ序の口か。

(日刊ゲンダイ2013年3月1日掲載)





http://news.livedoor.com/article/detail/7460504/

※この記事の著作権は配信元に帰属します。







リプラスの「温泉ミスト」

紅白出場ジャニーズグループのNが、3人組ユニットのAとラーメンデート!?

 本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ〜! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソか真か分からないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆

A......スポーツ紙記者 グラドルからジャニーズまで、芸能一筋17年の芸能記者

B......週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を行う事情通

C......WEBサイト記者 通常ニュースから怪しいBBSまで日参、膨大な資料を作り続ける駆け出し記者

(画像はこちら)

■志願者激減は、女優Kの“呪い”!?

C 昨年夏頃、都内の有名中学校に通う大物女優の娘が、いじめに関与しているって騒動がありましたよね。

B ああ、どこも実名報道できなかった件ね。

C 各メディアは完全にスルーしてしまいましたが、ネット上だと実名も含めて、相当話が広がっています。その影響かはわかりませんけど、今年の受験者数が激減していると。

B 名門私立のAだよね。一時期は街宣車が駆け回ったり、マスコミが包囲網を張っていたという。

C そう、去年と比べて3割近く志望者が減ってしまったそうで。

A そんなに! それは明らかに、この一件が原因でしょうね。

B 在校生にも取材を掛けてるメディアもあったからね。保護者からすれば、そりゃあ心配でしょう。

C そんなわけで、学校関係者の間では「女優Kの呪いだ」って言われているんだそうです。

B なるほど。Kに関しては何度も報道される直前までいってるだけに、入学の志望者激減で、再びメディアとの小競り合いが始まるかも。

A もうネット上では、公然の事実みたいになっちゃってますけどね。このまま風化するのみってことはないでしょう。

■AKB48、ルールは無視した者勝ち?

C AKB48・峯岸みなみの丸坊主は相当な大事件でしたが、翌週に合コンを報じられた柏木由紀は、まるでお咎めなし。これってどうなんでしょう?

B 柏木は、タイミングが悪かったってことじゃない? 決定的な写真もなかったし、これまでの流れからしても、スルーされて当然って気もする。ただ、前週に峯岸があそこまでやっちゃったから、どうしても比較されてしまうことに。

A 一応峯岸は「けじめをつけるため」自ら坊主にしたわけですからね。周りから強要されたわけではありませんし。

B それでもアレはやりすぎだよ。誰もそこまで責めてないし、かえってほかのメンバーが「ここまでしなきゃダメなの!?」と思いかねない。何よりあの動画は痛々しすぎる。すぐ削除されたけど、公の場にアップした関係者の神経を疑うね。

A 一応、事務所とAKB48本体の関係性にも影響している部分はあるんでしょうね。峯岸の所属事務所・プロダクション尾木は、太田プロと並んでAKB48と相当深い関係にあるプロダクション。だけど、柏木の事務所・ワタナベエンターテインメントは、そこまでのコミットはないと思われます。

C でも完全スルーはやっぱり、ファンとしても納得はいかないでしょう。柏木本人だけでなく、事務所関係者のSNSにまで、「絶対に何か対応をするべきです」と書き込むファンが大勢いました。

B 一部のファンの気持ちを裏切ってでも、合コン報道はスルーした方が得策と踏んだんだろうね。それは事務所戦略として、個人的にはアリかなと思うけど。

A そういえば太田プロは、最近、大島優子の“女優推し”がハンパないみたいですよ。

C わかります。彼女の演技は、AKB48全体の中で一番いいと思いますよ。

A 実際、業界関係者の間でも、“女優”大島にはファンが多いと聞きます。でも、女優を目指して独り立ちした前田敦子が、ちょっと気の毒というか……。

C モノマネ芸人のキンタロー。に助けられてる、なんて声まであるくらいですよね。確かに露出は格段に減って、演技といえばCMで「ジャイ子」役をやってるくらい。

B なんか昼間から、1人でずっと映画館めぐりをしてるって話だよね。

A それ、僕も聞きました。東スポに記事も出てましたが。

B 映画関係者がビックリするぐらい、一般の劇場から試写会まで、突然現れては1人で延々と映画を見続けてるらしい。これが演技の勉強というならストイックだけど、このままじゃ女優じゃなくて、映画評論家になっちゃいそうだね。

C ファンの反感買うから、やめましょうよ(笑)。

■ジャニーズ熱愛最新情報

A 最後に何か爆弾情報、ありませんか?

B 少し前にタレコミできてたんだけど、全然確証ないから、あまり出したくないんだよね。

A イニシャルでも大丈夫なんで、ちょっとだけお願いしますよ。

B じゃあ……『紅白歌合戦』(NHK)にも出場しているジャニーズグループのメンバー・Nが、同じく『紅白』出場3人組ユニットの一員であるAと、極秘交際といううわさが出ている。Aは、昨年海外ツアーをやってたんだけど、その途中でまったく関係ないはずのNが合流して、現地でラーメン食べてたって話だよ。

C “タレント食い”のNと、“ジャニ食い”のA……かなり危ない2人じゃないですか(笑)。

B でしょ? 現場を押さえないことには、報道不可能だし、押さえたとしても、そもそも別に付き合ってないって気もする。

A セフレっていうことですか?

B う〜ん。どうだろう。

C 公になる前に、さっさと別れてしまわないことを祈りましょう。

A 次回のこの座談会までに、何かしら続報が出てくれることを祈りつつ。というわけで、今回はこのへんで。





http://news.livedoor.com/article/detail/7438461/

※この記事の著作権は配信元に帰属します。







温泉ミスト

香山リカ「私は40歳の誕生日を境に新生・全日といっしょに生まれ変わるんだから!」

香山リカ「私は40歳の誕生日を境に新生・全日といっしょに生まれ変わるんだから!」


 香山リカ氏の不定期連載『人生よりサブカルが大事――アラフィフだって萌え死にたい!』の第3回が到着!



 前回(http://nikkan-spa.jp/359850)、自らの恋愛遍歴に深くプロレスが関与していたことを告白した香山リカ氏。今回はその続きである。



 妄想で好きな人がいるのに、現実の男とも平気でつき合える人のことがわからない。



 あるとき友人がジャニーズにハマった。それもかなり重症で、休日は朝から晩まで同じDVDを繰り返し見続けたり、海外公演まで追っかけたりするほどだった。久しぶりに会った彼女は、すっかり“恋やつれ”しており、ため息とともにこうつぶやいた。



「こうやって生きていても、○○クンと結ばれる可能性はほとんどない。年だって私のほうが二十も上なわけだし(著者注・そういう問題かい!?)。もう生きる意味がわからなくなった……」



 実は彼女は社会的にもかなり重要な仕事をしており、万が一、「好きなタレントとの行く末を悲観して自殺未遂」なんていうことになったら、週刊誌沙汰になりかねない。私は必死で「政府の審議会で同席するかもしれないじゃない」などと慰めながら、ふと気になった。彼女は子どもこそないものの、既婚者なのだ。



「○○クンがそれほど好きなのはわかったけど、だいたいあなた、ダンナがいるじゃない。家の中にほかの男がいるのはいいわけ?」



 そうきいた私に、彼女はヌケヌケとこう答えたのだ。



「うーんとね、ダンナは家族。○○クンは恋人。できればダンナと○○クンと3人で暮らしたいな……」



 私は、「そうか、浮き世でエラくなるには、これくらいヌケヌケしていないとダメなのね、と納得した。ちなみに、私はこういうことができない。妄想の中でも好きな人ができると、たとえそれがアニメやゲームの中の人であったとしても、その相手に操を立てたくなるというか、現実のオトコが見劣りしてしまって仕方なくなるというか、とにかく「彼と結ばれるまではひとりにして!」となってしまうのだ。



 30代の前半は、アメリカのプロレス団体WWE(当時はWWF)の“地獄の墓掘り人”ジ・アンダーテイカーに夢中になり、あっさり当時のオトコと別れてしまった。どんな説明をして別れてもらったのかなどほとんど覚えていないのだが、おそらく「悪いっ、とにかくもうムリ、バイバイ!」と一方的に立ち去ったのだろう。



 しかし、その後、地獄の使者と結ばれることもなく、そのうち私の熱もややおさまり(というか、アンダーテイカーがハーレーを乗り回すワイルドキャラ替えをしたので妄想の対象が消滅したのだ)、私はまた現実の男性とつき合うことになった。



 その30代の彼氏は、私の人生の乏しい恋愛遍歴の中では頂点に立つような才能もセンスもある人で、私は“カノジョ”になれてちょっと有頂天だった。ところが、彼はユニークすぎるというか、10歳近く年上で「もう恋愛や結婚はうんざり」と思っていたからなのか、私にあまり関心を示してくれない。電話も週に1度くらいだし、会うのはもっと少ない(いま気づいたのだが、もしかすると私はカノジョじゃなかったのかも……イタタタ)。



 私が好きになる男性だから、もちろん彼もサブカル好きだった。マンガにゲーム、もちろんプロレスも年季の入ったファンなのだが、ああ画龍点睛なるかな、彼が好きなのは新日本プロレスとUWFと女子プロレスだったのだ。



 これはプロレスファンじゃなければ理解してもらえないかもしれないが、私のようなジャイアント馬場信者にとっては、一度でも猪木イズムの洗礼を受けた人はまさに異邦人。外からは「同じプロレス好きでしょ」とひとくくりにされるが、猪木信者と話すくらいならまだ「プロレスなんて見たことない」という津軽三味線のマニアと話したほうがまだ共通の話題を見つけられるかもしれない。



 私としては、ごくたまにしか会えない彼が「83年の猪木・ホーガン戦を見た」などと話し出すと、「新日の話なんて聞きたくない」という思いが屈折して「誰と行ったの? 前の奥さんじゃないの? いまでもいっしょに新日に行きたいんでしょ!」などと嫉妬妄想にまで発展し、カリカリしてしまうのだった。



 そして、1999年1月31日、巨星堕つ。ジャイアント馬場さんが亡くなったのだ。しばらくの間、私は虚脱状態に陥ったが、4月17日に日本武道館で開催されたお別れ会や5月2日に東京ドーム興行にて行われた「引退記念試合」には、その彼や弟といっしょに出かけた。やはり落ち込みや悲しみは私の場合、「オトコを切る」という動機にはなりにくいのだ。



 翌2000年、予想外の展開がやって来た。



 6月になって巨星亡き後の体制に不満を抱いていた三沢光晴選手らが、全日本プロレスからの離脱を表明。するとわれもわれもと選手、レフェリー、スタッフから運転手まで30名近くがその後に続き、なんと古巣に残ったのは選手では川田利明、渕正信、マウナケア・モスマン(その後、太陽ケアと改名)だけ、スタッフでは和田京平レフェリーなど数人のみ、となったのだ。



 もし、ジャイアンツを杉内と阿部以外はみなやめた、ということになったら、そのチームは崩壊するだろう。



 しかし、プロレス団体はそうではない。選手が3名、レフェリーとリングアナひとりずつ、フロントがふたりでも、興行は成り立つのだ。



 選手らの9割が抜けた全日本プロレスは、その直後、7月1日から始まるシリーズを予定通り開催する、と強気の発表を行った。メインイベントは「川田対渕」のシングルマッチだ。ほかは他団体からの選手や外国人選手らで試合を組むのだという。しかも、7月1日の会場は、その後、離脱した三沢選手らが本拠地とすることになるディファ有明という新しいホールのこけら落としでもあった。



 2000年7月1日。それは奇しくも私の40歳の誕生日だった。私は興奮し、めずらしく彼氏に自分から電話した。



「あのね、これこれなんだけど……1日、ディファに行くよね!?」



「うーん、ちょっと行けないな。その頃、仕事がつまってるからね」



「え、行けない? 崖っぷちの全日が新しい会場で試合をするってのに、行けないって言うんだね! そりゃ、そうだよね。新日じゃないから関心なんかないんだよね? ……わかった、もういいよ。別れることにしましょう!」



「え? な、なに……? 1日にプロレスに行けないことと、オレたちが別れることに何の関係……」



「ほら、何もわかってない! だからイヤなんだよ、もう二度と電話しないで! 私は40歳の誕生日を境に新生・全日といっしょに生まれ変わるんだから!」



 こうして、私の恋は終わった。



 あーあ、もったいないことをした。



 でも、やっぱりああするしかなかったとも思うし、馬場さんや全日で人生を棒に振った自分の人生は、ある意味、筋が通っていることよ、と満足もしている。



 とはいえ、その後、私は全日本プロレスと結婚することはなかった(全日は人ではないから……)。そして、それからあれこれあって今はプロレスリング・ノアを見ているのだが、昨年はマイバッハ谷口選手の登場に頭が沸騰し、さらに人生を棒に振りそうになった。そのあたりは、以前の日刊SPA!の記事なども参照にしてほしい(http://nikkan-spa.jp/295676)。今のところはギリギリのところで現実ライフに踏みとどまっている。



 しかし、私の人生を破壊しようとするのは、プロレスだけではないから油断はできない。次回はちょっと別のワナについて話してみたい。 <文/香山リカ>



写真提供/(C)プロレスリング・ノア



http://news.livedoor.com/article/detail/7436161/

※この記事の著作権は配信元に帰属します。







温泉ミスト 口コミ

時代劇冬の時代に健闘!ジャニーズだらけいただけない…もっと多彩な役者発掘せよ <必殺仕事人 2013>(テレビ朝日系)

例によって例のごとき同心としては昼行燈の渡邊小五郎(東山紀之)、仕立て屋の匳(田中圭)、経師屋の涼次(松岡昌宏)らが金で悪をやっつける話。今回のミソは元武士の剣豪・小宮山泰山(里見浩太朗)が、「もう武士の世ではない」と、愚鈍な息子の勝之進(渡辺大)を医者にするために助手を雇い、辻斬りをしてまで患者を集めるうちに、ワルの一味と抜き差しならぬ関係に陥る親バカ話だ。

胴元のお菊(和久井映見)も毎度の通り。江戸市中に17件もの辻斬りが出て、そのどれもが急所を外してあって死人は出てない。小五郎は相当な剣の達人の仕業だと睨む。いろいろあって、最後は3人の大立ち回り。非常に画面が美しい。NHKの大河ドラマは今年も夜間のシーンが見にくいが、当作は夜間でも人物の一部分への光の当て方が上手くて、鮮明に見えるし、移動カメラが流麗である。

黄門さんが失業(!)した里見浩太朗が悪役とは笑わせる。だが、他は東山や松岡はじめ田中も渡辺もみんなジャニーズだらけで、余りに偏り過ぎていてどうかと思う。ひとり歌舞伎界からの中村獅童が、芸者になって踊るのだが、さすがに年季が入っていて違和感がなかった。時代劇冬の時代に、鬼平犯科帳と必殺仕事人だけは途切れ途切れにでも続いている。ジャニーズに限らず、大御所が死んで危機を迎えた歌舞伎界から、もっと多彩な役者を起用すれば、ドラマも盛り上がるだろうに。関西にもいいのがいると思うよ。(放送2013年2月17日21時〜)

(黄蘭)





http://news.livedoor.com/article/detail/7436263/

※この記事の著作権は配信元に帰属します。







温泉ミスト 口コミ

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。